キャンプ入門

スキレットのシーズニングとは?シーズニングの方法を解説!

キャンプを本格的に始めると、多くの方がスキレットという料理道具を購入するかと思います。スキレットは鉄製のフライパンです。スキレットがあれば、アヒージョやあさりの酒蒸し、パンケーキなど、キャンプやBBQなどでの料理の幅が格段に広がります。
しかし、スキレットは購入後、シーズニングと呼ばれる鉄を錆びさせないためのメンテナンスが必要になります。
この記事は、スキレットのシーズニング方法を解説します。

 

1.なぜシーズニングが必要なのか

スキレット購入時、実は既に錆止め(防腐剤)が塗られた状態になっています。しかし、そのまま使っていても簡単にコーティングは剥がれるため、すぐに錆びてしまいます。
そこでシーズニングをスキレットに施すことで、錆や焦げに強い状態にすることが必要になります。
しっかりシーズニングを施し、使用後もメンテナンスを行うことで、スキレットはブラックポットという使い込まれて深く黒光りする状態に成長します。

2.シーズニングの準備と手順

さっそくシーズニングを行うにあたり、必要なものと手順を紹介します。

1.準備するもの

①スキレット
②洗剤
③スポンジ
④たわし
⑤鍋つかみ
⑥オリーブオイル(または食用油)
⑦キッチンペーパー
⑧野菜の切れ端

2.手順

①スキレットをよく洗う
②煮沸する
③空焼きする
④オリーブオイルを塗る
⑤再度、空焼きする
⑥冷ます
※④、⑤は最低3回繰り返してください。
⑥野菜の切れ端を炒める
⑦再度、煮沸する
⑧たわしで洗う
⑨火にかけて水気を飛ばし、少量のオリーブオイルを塗る

3.シーズニングの手順を写真で解説

①スキレットをよく洗う

出荷時の防腐剤と汚れを落とします。

洗剤でよく洗ってください。

②煮沸する

洗剤で落としきれないコーティングを落とします。

③空焼きする

水気がしっかり乾くまで、火にかけてください。

④オリーブオイルを塗る

全体にしっかり油をコーティングします。

この時、取ってやスキレットの裏側にもコーティングをします。

⑤再度、空焼きする

コーティング後、再度火にかけます。

煙が出てきますが、油が焼けきるまで続けてください。

煙が出てこなくなったところで火を止めて冷ましてください。

この後、またオイルを塗って、空焼きの手順を繰り返します。

※④、⑤の工程を最低3回繰り返してください。

⑥野菜の切れ端を炒める

野菜の切れ端を炒めます。

これは鉄の臭いを消すために行います。

スキレットの表面全体に当てるように炒めます。

⑦再度、煮沸する

最後の煮沸を行います。

⑧たわしで洗う

たわしで全体をよく洗ってください。

⑨火にかけて水気を飛ばし、少量のオリーブオイルを塗る

最後にもう一度、火にかけ水分を飛ばし

最後に少量のオリーブオイルを塗れば完成です。

4.まとめ

最初こそ手間はかかりますが、やることはシンプルなのがわかっていただけたかと思います。
ちなみに、スキレットのメンテナンスとしては、使用後、①洗う②火にかけて乾かす③油を全体に塗るだけです。
スキレットを使いこなして、キャンプを楽しみましょう!!

  • この記事を書いた人

Ryohei

自然で整い、サウナで整うをテーマに情報発信しています。普段は都内で働く会社員。 趣味は、キャンプ、サウナ、ボディーボード、カフェ巡り、読書など

-キャンプ入門

Copyright© ZERO CAMP , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.