キャンプ用品

【ソロ・グループ用】キャンプのおすすめクッカーを紹介!

キャンプで鍋やクッカーを選ぶ際のポイントは
「どういったシーンで何を調理するために利用するか」です。

例えば、ソロキャンプで使う。グループキャンプで使う。などの人数的な要素。
ガスバーナーの火にかけるのか。焚き火を直接活用するのか。
軽量性や、収納性が大事なのか。なども見ておく必要があります。

この記事では、鍋やクッカーの種類や素材特徴、
おすすめの鍋やクッカーを紹介します。

1.キャンプ鍋・クッカーの種類

まずは、キャンプで鍋やフライパンとして使われる器具を確認します。

・クッカー

野外で調理するための、小型調理器具です。
別名、コッヘルとも言われます。
1セットで様々な大きさに対応しているものがあり、
スタッキングして持ち運べるので便利です。

スタッキングとは、調理器具などを積み重ねる方法を意味します。

・スキレット

スキレットは、フランス語で「鋳鉄(ちゅうてつ)製のフライパン」です。
厚みがあるため、通常のフライパンに比べずっしりとした重さがあるのが特徴です。
スキレットは、蓄熱性が高いので、調理後にそのままお皿として活用する事が出来るのもメリットですが、
熱伝導率が低いので、均一には熱くならないという弱点もあります。
また、利用後には、シーズニングというメンテナンスも必要になります。

シーズニングとは?

・メスティン

メスティンとは、アルミ製の飯盒(はんごう)を意味します。
形が長方形で、折りたたみ式の取っ手が付いています。
アルミ製なので、熱伝導率が高く、固形燃料でも調理が可能なのが魅力です。

・ダッチオーブン

ダッチオーブンとは、「鋳鉄(ちゅうてつ)製の鍋」です。
ダッチオーブンは、蓋の上に炭を置き活用することで、オーブンのような高温調理が可能なため、料理の幅が格段に増えます。
ただスキレット同様、鉄なので錆びやすく、使用後はシーズニングが必要になります。

 

2.素材の特徴

ここで、鍋やクッカーに使われる素材を確認します。

・アルミ

メリット:熱伝導率が高い/安い/軽量
デメリット:保温性が無い/耐久性が無い/酸やアルカリに弱い

・ステンレス

メリット:保温性がある/耐久性が高い/手入れが楽
デメリット:重い/熱伝導率はアルミより悪いため、食材が焦げやすい

・チタン

メリット:耐久性が高い/軽量
デメリット:高価/熱伝導率が悪いため、焦げやすい

・ホーロー鍋

金属の表面にガラス質を高温で焼き付けたもの。
メリット:耐久性や耐熱性、耐酸性に優れている
デメリット:衝撃で欠けたり、ヒビが入ることもある/重い

・土鍋

メリット:蓄熱性が高く、熱に伝わり方が一定のため、食材に火を通しやすい
デメリット:衝撃や急な温度変化に弱い。

3.ソロキャンプにおすすめクッカー

・Snow Peak(スノーピーク)|アルミパーソナルクッカーセット

収納力抜群のソロ用クッカーです。
大小のクッカーが2つずつ入っているので、調理もお皿としても活躍します。

【サイズ】
L ポット/φ148×80mm
フタL/φ155×36mm
S ポット/φ126×76mm
Sフタ/φ132×32mm
※収納:φ155×100mm

【重量】
500g

【容量】
1,150ml(Lポット)、800ml(Sポット)、550ml(フタL)、350ml(フタS)

【素材】
本体/アルミニウム(アルマイト)、ハンドル/ステンレス銅

・IWATANI(イワタニ)|イージークック・ソロセットS P-CK-K102

少し小さい仕様ですが、ソロキャンプにはピッタリ。
IP-110ガスカートリッジとP-115等のマイクロバーナーを一緒に収納することが可能なミニクッカーです。

【サイズ】
ポット:内径9.5×8.7cm
ミニポット:内径9.5×4.8cm
※収納:φ11.0×12.8cm

【重量】
201g

【容量】
ポット:630ml
ミニポット:395ml

【素材】
ハードアノダイズド加工済みアルミ製

・UNIFLAME(ユニフレーム)| ごはんクッカープラス

1~3合炊に対応可能な目盛付ライスクッカーに、熱伝導に優れたアルミクッカー、コーティングのない黒皮鉄板製のフライパンが付き、不自由なく本格的な調理が楽しめます。

【サイズ】
ライスクッカー:内径16.5×9.3cm
アルミクッカー:内径15×6.9cm
フライパン:内径14.5×3.5cm

【重量】
734g

【容量】
ライスクッカー:1.8L
アルミクッカー:1.1L
フライパン:

【素材】
ライスクッカー・アルミクッカー:アルミニウム
フライパン:黒皮鉄板(クリアラッカー焼付塗装)
兼用フタ:ステンレス鋼
ツマミ:フェノール樹脂
ハンドル:ステンレス鋼

・SOTO(ソト)|アルミクッカーセットM SOD-510 SOD-510

シンプルに大小のクッカーのセットです。
シングルストーブ アミカスとボンベ(105gOD缶)がピッタリ納まります。

【サイズ】
クッカー小:直径12×深さ6cm
クッカー大:直径13×深さ10cm

【重量】
クッカー小:78g
クッカー大:120g

【容量】
クッカー小:500ml
クッカー大:1000ml

【素材】
材質:アルミニウム

 

・コールマン| パックアウェイ ソロクッカーセット

ふき取るだけできれいになるノンスティック加工を施した、一人用クッカーセット。
熱伝導のよいアルミ製。外側には傷を保護するハードアノダイズ。内側は手入れを楽にするノンスティック加工。
持ち手が熱くなりにくいシリコン被膜ハンドル。バーナー上でも滑りにくいスパイラル加工。万能なクッカーセットです。

【サイズ】
ポット:約直径12.5×高さ10cm
カップ:約直径12×高さ5cm
収納時:約直径12.5×高さ15cm

【重量】
約250g

【容量】
ポット:900ml
カップ:400ml

【素材】
アルミニウム(ノンスティック加工)、ハンドル/ステンレス、シリコン

 

 

4.グループキャンプにおすすめのクッカー

スノーピーク(snow peak) パンクッカー CS-600

焼く、炒める、煮る、揚げるを1台でこなすクッカーセットです。
スタッキングを両立しているので、収納も便利。
耐久性に優れ高品質のフッ素樹脂加工をされているので手入れも簡単です。

【サイズ】
ディープ26:内寸φ260×86mm
シャロー26:内寸φ260×61mm
ライス19:内寸φ190×90mm
※収納:φ280×165mm

【重量】
3,970g(ケース含む)

【容量】
ディープ26:満水容量4.6ℓ
シャロー26:満水容量2.8ℓ
ライス19:満水容量3.3ℓ

【素材】
本体/アルミニウム・フッ素樹脂加工・セラミック焼付塗装
本体底部/鉄・アルミニウム溶射
フタ/アルミニウム・セラミック焼付塗装
ツマミ・ブラケット・ハンドル/ステンレス

STANLEY(スタンレー) |ベースキャンプクックセット

これ1セットで、調理器具や食事シーンの忘れ物ゼロの完璧セット。
長く愛用し続けられるSTANLEYブランドです。

【サイズ】
高さ160×本体径239mm
※収納:φ280×165mm

【重量】
約2.2kg

【容量】
3.5L

【素材】
本体/ステンレス鋼
乾燥ラック/ポリプロピレン
トライベット/シリコーン
スポーク/ポリプロピレン
まな板/高密度ポリエチレン
ボール・プレート/ポリプロピレン
おたま・フライ返し/ナイロン
フライパン/ステンレス鋼・ アルミニウム
フタ/ステンレス鋼
ストラップ/ゴム、ポリプロピレン

【内容】
・3.5L鍋+湯切り付き蓋
・フライパン(3構造、直径18.4cm、946ml
・まな板
・フライ返し+取っ手
・スプーン+取っ手
・皿4枚(15.2cm)
・ボール皿4枚(650ML)
・スポーク4本
・食器乾燥棚
・トライペット(耐熱性鍋敷)



 

5.おすすめのガスコンロ

 

 

  • この記事を書いた人

Ryohei

自然で整い、サウナで整うをテーマに情報発信しています。普段は普通のサラリーマンです。 趣味は、キャンプ、サウナ、ボディーボードなど

-キャンプ用品

Copyright© ZERO CAMP , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.